電子タバコとは?始めるには何が必要なの?

そもそも電子タバコとは何?加熱式タバコとは違うの?

最初に、電子タバコと加熱式タバコの違いを確認しておきましょう。加熱式タバコは、タバコの葉を加熱して吸うものです。タバコの葉に火をつけて燃やす紙巻タバコに比べて、タールの量は減少します。しかしタバコの葉に含まれるニコチンは吸うことになり、減少するといってもタールも吸引することになります。

これに対し、電子タバコはタバコの葉ではなく、さまざまなフレーバーのリキッド(液体)を加熱して、その水蒸気を吸うものです。このリキッドには、タールは含まれていません。そして、日本ではニコチンの入ったリキッドの販売は禁止されています。ただし、海外からニコチン入りのリキッドを個人輸入することは禁止されていないので、他の人が電子タバコを吸っていた場合、ニコチンが含まれている可能性はあります。

電子タバコを始めるには?

電子タバコにも、リキッド補充式やカートリッジ式、使い捨て式といった種類があります。リキッド補充式は、自分で本体にリキッドを補充するタイプです。メンテナンスは必要ですが、ランニングコストが安くリキッドの種類も豊富です。本体(コイルや充電用USBケーブルを含む)とリキッド、そしてUSBのACアダプターが必要ですが、ネットを利用している人であれば、ACアダプターはお持ちのことが多いでしょう。スターターキットが販売されているので、それを購入するのが便利と言えます。

カートリッジ式は、本体と専用のカートリッジを用いるもので、ランニングコストは少し高くなりますが、手間がかかりません。やはり、スターターキットの購入が便利です。そして使い捨て式は、ランニングコストはいちばん高いですが、初期費用は安く最も手間がかからないのがメリットです。

pod型vapeはカラーバリエーションが多くデザインが豊富です。ユニークな形状はもちろん蛍光色やメッキなど派手なものもあります。