インターネットショップで初めて機械式腕時計を購入する場合

逆輸入品と書かれている時計はどんなものか

機械式腕時計をインターネットショップで探そうとすると、10万円を超えるものから数千円で購入できるものまで様々な時計が出てきます。大抵、時計の画像の下にメーカーと品番が記載されていますが、それ以外にもあまりなじみのない言葉が記されていることがあり、ネットで機械式腕時計を買ったことがない人は混乱してしまうかもしれません。

たとえば「逆輸入品」と書かれているものがあります。これはどういうものかというと、もともと日本のメーカーが海外に輸出したモデルだけどそれをバイヤーが輸出先で仕入れて販売している時計です。物価の関係で海外に輸出された機械式時計は国内で売られているものよりも安いことが多いのでお得なのです。

機械式風と書かれたものはクォーツ時計

逆輸入品はマニュアルが外国語で書かれている可能性こそ高いものの、海外品でも国内品でも時計本体に記されるのはアラビア数字やアルファベットなので見た目の違和感はありません。したがって、国内メーカーの機械式時計をお得な価格で手に入れたいなら逆輸入品をチェックしてみるといいでしょう。

注意しなくてはならないのは、「機械式風」と書かれている時計です。こうした時計は外国で作られているものが多く、デザインが一部スケルトンになっていて歯車がたくさん見えますが、中身は普通のクォーツ時計です。つまり見た目だけ機械式時計のようであるという商品なので、純粋な機械式時計を入手したいのであれば手を出さないようにしましょう。

ヨシダの公式サイト