禁煙時代の必須アイテム?電子タバコを上手に使いこなそう!

タバコの有害性と電子タバコの需要が増えた関係

喫煙の習慣は世界中に広まっていますが、その一方でタバコの有害性も古くから指摘されてきました。特に含有成分の一種であるニコチンやタールは強い発がん性を持つことから、喫煙によるがん発症のリスクが飛躍的に増大するとされています。また、喫煙の際に生じる煙を吸い込んでもがんを患うリスクが増えるため、近年になって屋外や公共施設での喫煙が禁止されるケースが増えています。しかし、タバコには強い依存性があるため、急に喫煙を止めるのは非常に困難です。そのため、タバコを吸う習慣を保ちながら徐々に喫煙の回数を減らす目的で電子タバコを利用する人が増えています。また、タバコの販売価格が上がったのも電子タバコの需要が増えた理由の一つです。

電子タバコの楽しみ方と安全に使うための注意点

電子タバコは本物のタバコに近い風味を楽しみながら徐々に依存状態を改善出来るメリットがあります。タバコの成分に依存した体が次第に電子タバコの成分を吸引することに慣れ、遂にはタバコを吸いたいと思わなくなります。電子タバコは専用のカートリッジを装着して使いますが、カートリッジごとに異なる風味が加わっているのも特徴の一つです。花や果物の風味を再現した製品も販売されているので、タバコ特有な不快な臭気を出さずに喫煙の感覚を楽しめるのも大きなメリットですが、その一方で使い方を誤ると故障による感電や火傷の危険が生じるので注意する必要があります。強い刺激を与えたり水で濡らすと重大な事故に繋がるおそれがあるので、安全に電子タバコの風味を楽しむには丁寧に扱うことが大切です。

vapeに使用されるリキッドにはニコチンやタールが含まれておらず、欧米などの諸外国では禁煙補助具としても推奨されています。